FC2ブログ

Entries

夏の魔法(後編)

お待たせしました、夏の魔法の後編です。
ひと夏の淡い思い出がついに完結します。
この夏祭りは本当にいい思い出になる予定でした…。でした(汗)
夏の魔法(前編)を読んでからお読みください。

まんまと何とか高校最後の夏の思い出をいい感じで飾ることが出来そうだったんですが、ここで予想外の出来事が。

一緒にお祭りに行く予定のNちゃんからのメールで…

友達も一緒に行きたいらしいんですけどいいですか?

どこのどいつだコノ野郎!
せっかく二人っきりで行く予定だったのによー!
遠慮ってもんを知らねぇのか(怒)



なんて言えるわけも無く、ダメなんて言ったら…

先輩ってそんなにケチで冷たい人だったんですか!
もういいです!一緒に行きたくなくなりました!

なんて言われるかもしれません。だからちゃんと、

全然OKだよ♪大勢で行った方が楽しいしね。

立派だな俺(涙)
でも男だったらどうしましょう。きっとそいつは祭りでNちゃんを口説き落としてお持ち帰りするしまうつもりです!
許し難い行為です。男でない事を祈りながらメールの返事を待つことに。
しばらくしてメールの返事が届きました。

一緒に行くのはHちゃんとAなんですが。

Hちゃん?

全然平気!もうドンと来い日本!
HちゃんはNちゃんの友達で、これまた可愛い子なんです。
Aはただのお笑いキャラ。よく俺が面白い話すると絶対に話に加わってくる奴です。
もちろん二人共、後輩です。

やりました!美人さんと可愛い子に囲まれてお祭りだなんて!もう最高の気分です!一人余分なのがいるが(笑)
いやー、男でなくてよかったです。男だったら絶対にスキを衝いて頚椎辺りをチョップしてたかもしれませんから。
そんなこんなでお祭りの当日です。待ち合わせ場所のゲーセン前に到着すると光り輝くお方がいらっしゃいました!
NちゃんとHちゃんは…

浴衣姿です!
最高です!ありがとうございます!ご馳走様です!もう恐れ多くて直視出来ません!

俺「お待たせ。ごめん待った?」
A「遅いっすよ先輩」



誰もお前には聞いてねぇよ(怒)
つーか何でお前は普通の服なんだよ!周りに合わせろよ!

Nちゃん「いえ、私達もさっき着付けが終わったばっかりなんで」
Hちゃん「先輩待たさなくてよかった♪」

シ・ア・ワ・セ♪

俺「それにしても二人ともよく似合ってるよ。最初見た時ビックリしちゃた」
Nちゃん「本当ですか?ありがとうございます♪」
Hちゃん「嬉しいです~♪」
A「先輩、お世辞ウマイっすね」


すっこんでろボケがぁ!

Nちゃん「せっかくだからプリクラ撮りません?」
Hちゃん「みんなで撮りましょうよ」
俺「いいね。じゃあ…



A「それよりお腹空いたから早く何か食べに行きましょうよ!」



誰か~トカレフ持ってきて~。消しちゃうからコイツ(本気)

ボケAのせいで結局プリクラは撮れずにお祭りの会場に。

焼きそばを買って食べようということに決まったんですがここは先輩!不要な一名分も含め奢ることに。

俺「さぁ、遠慮しないで食べて」
Nちゃん「いいんですか?じゃあお言葉に甘えて」
Hちゃん「何か悪いな~♪」
A「いただきマース!」




お前は遠慮しろ!むしろ食うな!


俺「みんな喉渇かない?大丈夫?」
Nちゃん「平気ですよ♪」
Hちゃん「先輩は大丈夫ですか?何か飲みたいなら私買ってきますから」
A「喉カラカラです」


下水でも飲んでろボケェ!
そんなこんなで花火の時間に。花火はお祭りの会場からは見えないので移動しなければいけません。

俺「もうそろそろ花火の時間だから、そろそろ移動しようか?」
Nちゃん「はーい♪楽しみです」
Hちゃん「今年はどれ位あがるんですかね?」
A「歩くのダルイですよ~。花火なんて見なくていいじゃないですか~」




口の中に火薬詰め込んで点火するぞコノ野郎!
ちゃんと花火は見れましたよ。もの凄く大きくて綺麗な花火でした。
その後は夏の夜道を四人で談笑しながら帰りました。何人かで一緒にお祭りに来るのも楽しいもんです。
Nちゃん、Hちゃん、色々面倒を掛けてくれたけど面白い話で盛り上げてくれたA。
何だかんだ言っても、みんなと一緒に行ったこの高校生活最後の夏祭りは俺の中で一生の思い出になりました。
これから先の人生、俺はどんな人とあの時見た様な大きくて綺麗な花火を見るのかな…。
それからしばらくして…

A「NちゃんとHちゃんに彼氏出来たみたいっすよ」

ショーック!(泣)
Hちゃん俺のこと好きって言ってたじゃんかぁ(過去の話)
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://bluesoldier91.blog17.fc2.com/tb.php/128-4c6a49fe

0件のトラックバック

2件のコメント

[C50]

友人Aさんがおいしすぎる。

[C52]

Aは日常でもこんな感じでした。
妙なキャラでしたよ。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ユウキ

  • Author:ユウキ
  • 車(スポーツカー&ヒストリックカー)、サッカー、ガンダム、水曜どうでしょう等をこよなく愛する。
    自分の興味のあることには人一倍取り組みその時の集中力はニュータイプ並。
    最近はカメラを持って写真を撮る事がライフワークになりつつある。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索