FC2ブログ

Entries

桜の木の下で

これも懐かしい…。なぜかこの頃の方がアルコールに強かったですね。
ここに書いてあることはもう時効ですので気にせず読んでください。
しかしこの日の夜は最高にエキサイティングな夜でした(爆)


皆さんはお花見好きですか?
毛虫が怖いから嫌いっていう人は無視します。
俺はお花見好きです!みんなでワイワイ出来るのも理由の一つですが、一番の理由は桜が綺麗だからです。

しかし!残念ながら俺は人込みが大嫌いなので、お花見する時はいつも夜にします。
ライトアップされた夜桜も昼間と違う美しさがあり好きです。

今回の戦歴はお花見好きのビーちゃんとオオタの三人で高三の春に夜桜を見に行った時の話です。
確か鎌さんは部活が忙しく参加出来なかったはず。同じ部活だったのになぜ!?

お花見の場所はビーちゃんとオオタの団地から自転車で約10分の距離の公園です。
ちなみに俺の自宅から二人の団地までは約20分かかり、いつもは着く頃にはヘトヘト状態なんですが
この日は夜桜を見るので心なしかスピードも速く到着した時もコサックダンス200回踊れる程の元気は残っていました(例えが悪い)

酒とつまみを買って春の夜道を駆け抜けていきます(未成年の飲酒は法律で禁止されています)
物凄い田舎なので車は一台も通っていません。舗装された道路がまるで自分たちのために作られた物のように感じます。
公園に着いたのが11時前。11時に照明が消えるので間に合ってよかったです。
まず最初にしたのはベロンベロンに酔ったお姉さんに頼んで三人で写真撮影。ちなみに、そのお姉さんは吐きに行くとこだったみたいです(爆)

次に場所確保ですがベンチが空いていたので困ることはありませんでした。
それぞれが自分の買ったお酒を手に持ち、カンパーイ!

夜桜を見ながらのお酒は最高に美味しかった!
三人で談笑(無駄に爆笑も)していると突然辺りが真っ暗に!消灯時間の11時を過ぎたみたいです。
消灯してもお花見客の数は減りません。皆さん余程楽しいのでしょう笑い声が周囲から聞こえてきます。

俺たちも当時付き合っていた人の話や友人の話でますます盛り上がっていきました。
ちなみに俺たちはテンション高くなるとアクションを起こしたくなる体質みたいでこの日も例外ではありませんでした…。
テンションが高くなったビーちゃんがバック転をしたいと言い出したのです。
もちろん俺とオオタもテンション高くなっているので補助係として参加。

誰に見せる訳でもなく自己満足のためにバック転!

成功した瞬間周囲から拍手と歓声が!これには驚きました。すると一人の男の人が近づいて来て

「なぁ兄ちゃん達!一緒に飲もうや!」





酔っ払いに絡まれた!


最悪です!タチ悪いです。断ろうとしたんですがその人のグループの中に綺麗なお姉さんが二人いらっしゃるのを発見。




三人「喜んで!」

簡単な自己紹介をして飲み再開。ビールやつまみをご馳走してくれました。
しかもビーちゃんやオオタの家の近所の方々らしく自称警官と言ってた人はビーちゃんの家の住所まで知ってました。
あとで郵便局員だと分かりましたがマジでビビリました。

でもね、いくら酔ってるからって




バンジーしろはないでしょ(汗)

バンジーしないと飲んだ物の金払えって言うんです。冗談にも程があります!
更に、お姉さん達は俺たちと同じように一緒に飲もうと拉致誘われて断れずに飲んでいることが判明しました。しかも…



トイレに行ったっきり帰って来ませんでした!


俺ら生贄ですか(泣)






何だかんだ言いましたがいい人達でしたよ。色々と勉強になりましたし(主に保健体育)
レストランをしてる人がいたんですけど食べに行ったらタダにしてくれる約束もしましたし。
日付が変わろうとしていたので皆さんに御礼を言って帰宅することにしました。皆さんは本当に名残惜しそうでした。

ほろ酔い気分で自転車を停めた場所に戻ると…



真っ赤なサイレンをつけた白黒の車が!

そうです!パトカーです!しかも中から警官が二人出てくるじゃありませんか!

ピンチです!非常にマズイです!

深夜徘徊+飲酒=停学(最悪の場合退学)

大学入試に挑む年に捕まる訳にはいきません。もちろん逃げることにしました。
しかしどう逃げるかが問題でした。正面突破すれば県道に出れます。しかし警官を轢きかねません。

深夜徘徊+飲酒+公務執行妨害+傷害罪=更正施設




無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理!!


と、いう訳で自転車を担いで土手を上りきり裏道から逃げることに。
警官との距離はどんどん近くなって来ます。一刻の猶予もありません。三人で一度深く深呼吸をして、





GOOOOOOOOOOO!!!!


もう必死です。下手すりゃ自分の将来がこの事で最悪のシナリオになりかねませんから。
土手の高さは約3メートル。一番最初に上りきったのは俺。振り返るとズリ落ちながらも必死で上る二人。
次に上りきったのは比較的飲んだ量が少ないオオタ。しかしまだ土手にはビーちゃんが。
彼は飲みすぎていたため足元が覚束ない様子。その上、土手の雑草が夜露に濡れているため最悪の状況。
このままではビーちゃんが捕まってしまう。友を見捨てる訳にはいかないので再び土手を下りビーちゃんに加勢することに。

と、その時


ポリポリ「ん?君たち何してるんだ?ちょっと待ちなさい」



三人「待てるか!」

間一髪のところで何とか上りきり猛スピードで夜道に消えていく三人。
追われているかもしれないので人一人がやっと通れるような道を爆走する三台。
結局はその後何事もなかったんですが、声かけられた時には覚悟決めましたね。
色々ハプニングもありましたが思い出に残るお花見になりました。



あ、そういえば。タダにしてくれるって言ってた人のレストランに…


食いに行ってねぇや!

必ず行きますから。気が向いたらですけど(爆)
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://bluesoldier91.blog17.fc2.com/tb.php/45-c42c5b66

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ユウキ

  • Author:ユウキ
  • 車(スポーツカー&ヒストリックカー)、サッカー、ガンダム、水曜どうでしょう等をこよなく愛する。
    自分の興味のあることには人一倍取り組みその時の集中力はニュータイプ並。
    最近はカメラを持って写真を撮る事がライフワークになりつつある。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索