FC2ブログ

Entries

「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」VS「頭文字D」

「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」を見てきた感想を書きたいと思います。
ネタバレもあるので、まだ見ていない人はご遠慮ください。
え~と…感想を一言で言うと「とにかくストレスが溜まる」映画でした。
2作目までは、題材が「最高速」「ゼロヨン」がメインだったのでCGで誤魔化しても、その分爽快感がありました。またスポコン独特の華やかさもありましたし。
しかし今回の題材は「ドリフト」
アメリカは、「D1グランプリ」等の影響でドリフトブームになっているので分かりますが。

「発祥の地が日本だしまぁ日本ロケでいいんじゃないの?「頭文字D」とかいう走り屋の漫画も人気みたいだから峠でバトルもついでにやっちゃえ」

そんな考えで作ったとしか思えない作品でしたね。
東京も「どう考えてもおかしいだろ?」という場所や演出。
走行シーンも…

「駐車場でドリフトバトル?」
「どんだけ車ぶつけ合いしてるの?」
「日本の峠ってこんなにゴツゴツした岩肌の場所でしたっけ?」


もう最悪でしたね。音楽もスピード感の無い物ばかり。主人公をはじめイケメンが皆無。「妻夫木」王子が出てくれたのがせめてもの救いかも!?
カメラアングルも迫力に欠ける物ばかり。「頭文字D」の監督がカメラマン出身ということもあり圧倒的に迫力でも本物のドリフトの映像でも「頭文字D」の方が上です。
どう撮影すればドリフトを美しく迫力ある画で見せれるか、というところまで真剣に考えて、撮影していますね。
「ワイルドスピード」というネームバリューを使っただけの最低な作品でした。なんのためにD1ドライバーを起用したのか…。鋸山でロケした意味もないし…。
本当に「スポーツカー」「ドリフト」が好きな人にはお薦め出来ませんね。何も考えずに見るにしてもかなり抵抗がある作品でした。
日本を知らない人が作った映画ですね。現在の日本文化やドリフトに全く敬意を表してないです。
ストーリーでも当初は「ちょっと問題あるなぁ」と思っていた「頭文字D」の方が今では「面白くアレンジされていた方だな」と思ってしまいました。それぐらいストーリーが駄目だってことです。
とりあえず後味の悪さは1作目&2作目や「頭文字D」のDVDを見て何とか処理しました(笑)

ちなみに友人たちの評価は…

「頭文字D」…迫力があり原作を知らなくても楽しめた。本物のドリフト。原作好きには少し?と思えるストーリー。

「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」…とにかくCGで誤魔化してる。日本を舞台にする必要はなかったんじゃないのか?
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://bluesoldier91.blog17.fc2.com/tb.php/631-46afbe30

0件のトラックバック

3件のコメント

[C598] マジですか!

やっぱ面白くなかったんですね~(^^;)
映画の予告見た感じでなんとなく違和感があったんですよね。
どうしよかな~・・・見に行こうか、DVDレンタル出るまで待つか。

[C599]

 頭文字Dはこの前家でDVDを少し見せてもらったけど、あれは撮り方とか映像手法が凄いと思ったよ。峠とかに興味無くても。マジで。

[C600]

カツオさん
自分としては今回のワイルドスピードは無しでしたね。
映画館でしか味わえない迫力はあると思いますが…DVDでよかったかなと(笑)

えい氏
やろ?映画の冒頭のシーンでハチロクがドリフトしながら出てきた時には正直アドレナリンどっばぁ(爆)
出来ればもう一回映画館で見たいかもなぁ♪

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ユウキ

  • Author:ユウキ
  • 車(スポーツカー&ヒストリックカー)、サッカー、ガンダム、水曜どうでしょう等をこよなく愛する。
    自分の興味のあることには人一倍取り組みその時の集中力はニュータイプ並。
    最近はカメラを持って写真を撮る事がライフワークになりつつある。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索