FC2ブログ

Entries

もはやレストアですね…

前々から物凄く気になっていた運転席側のガラスの交換をコウさん宅で行いました。
何が気になっていたかと言うと、ガラスについてしまった開閉時の線傷です。
しかもこれが結構深く入っているのでガラスコンパウンドでも除去は不可能だと判断。
じゃあ交換しかない!
ってな訳でコウさん所有のドナーマシンからガラスのコンバートを行った訳です。
線傷が気になる ドナーマシンのレビン
ちなみにこちらのレビン。後期型のAPEXなのでグレードは全く同じなのですが…パワーウインドウタイプ。
Myハチは手動(ある意味パワーウインドウ)なのでガラスの互換性があるか心配していましたが、トヨタで部品を調べてもらったところ、基本的にAPEXは前期後期の違いはあるものの、パワーウインドウだろうがなんだろうが物は同じでした。
当然GTVやSRに関してはカラー事態が違うので別物。APEXでも前期の青内装のは違いましたね。
右下のシリアルナンバーも製造年月日によって違うので全く同じシリアルナンバーにしたかったら同じ年式の車を探すしかないかと。
確かこのドナーマシンのレビンは62年式でしたっけ?
まぁそんなことはさて置いて…早速作業開始です。
まずはフフフーン♪ってな具合にドアの内張りを外します。
ドアの内張り外し完了!
次にガラスを固定してあるレールを少し上げて、固定してあるボルトが見える高さに合わせます。
後はボルトを外して割らないように気を付けながらガラスを引っこ抜いて終了。
傷の原因 雑巾が真っ黒 綺麗なガラス
ガラスを外し終われば傷の原因となっているモールの汚れを気合でとります。
ちなみにここのモールは定期的に掃除した方がいいと思いました。
軽く水拭きしただけですが…こんなに真っ黒に(汗)高圧洗車も効果的でしょうが、やはり直接掃除するのが一番ですね。
掃除が完了したらドナーマシンから外したガラスを入れます。
方法が全く逆なので単純ですが、ガラス入れるの難しく手伝ってもらいました。
後は外したモールや内張りを付けて終了♪全く気にならなくなったので本当に満足してます。
本当はもう一つ作業を行ったのですが…奴は強敵でした!次回に持ち越し!(笑)
ちなみに…とある事を計画中。…AE86本来の姿を求めて。
チューニング&レーシングカーとしてのAE86ではなくヒストリックカーとしてのAE86…。
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://bluesoldier91.blog17.fc2.com/tb.php/707-de7aa707

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ユウキ

  • Author:ユウキ
  • 車(スポーツカー&ヒストリックカー)、サッカー、ガンダム、水曜どうでしょう等をこよなく愛する。
    自分の興味のあることには人一倍取り組みその時の集中力はニュータイプ並。
    最近はカメラを持って写真を撮る事がライフワークになりつつある。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索