FC2ブログ

Entries

戦場を駆ける(第二章)

気合と根性だけで突っ走り俺たちのグループは何とか遅れを取り戻すことに成功しました。

思いっきり反則技ですが(汗)
そんなこんなで中間地点でもある高校の近くの河川敷まで到着。
ちなみにここは疲労困憊の体を休憩させることが出来る唯一のポイントです。
ハードな歩行のために足を痛めて倒れこんでいる者、暑さのため軽く脱水症状になっている者など様々な人がごったがえしてます。

想像出来ますか?まさにここは…

戦場の野戦病院です!
ハッキリ言って笑えない状態の者がその辺にゴロゴロいます。
唸り声をあげる者。水…水と言い続ける者(大袈裟)
こんな状態になるのを予測していたのかそうでないのか知りませんが、ここでは脱落者も歓迎しています。
もう歩ける状態で無い者はここで仲間たちを見送り自分はそのまま少し休んで下校してもOKなのです。
しかし!我々のグループの結束は強く脱落宣言をする者など一人も…


いました(泣)

ヤッサンとスガッチは長時間の歩行ではなく走行のため足に相当のダメージを受けていたようです。
俺たちに「すまない!」と何度も頭を下げて言ってくれましたが、「やっと帰れる」と言わんばかりの表情で送りだしてくれた二人の顔は今でも忘れることは出来ません(物凄い複雑)
きっと帰宅出来るのがよっぽど嬉しかったんでしょうねぇ♪

仲間を二人失いながらも最終のゴール地点である瀬戸内海を目指し進軍していく我々の部隊。
ここからは誰が命を落としてもおかしくない危険な状況下に置かれるのを覚悟して前に進んでいくことを決意した我々の部隊に新たなる悲劇が…。

次回!感動の最終話!
「暁の宇宙へ」

…ネーミングに難有り(汗)
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://bluesoldier91.blog17.fc2.com/tb.php/75-986d1360

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ユウキ

  • Author:ユウキ
  • 車(スポーツカー&ヒストリックカー)、サッカー、ガンダム、水曜どうでしょう等をこよなく愛する。
    自分の興味のあることには人一倍取り組みその時の集中力はニュータイプ並。
    最近はカメラを持って写真を撮る事がライフワークになりつつある。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索