FC2ブログ

Entries

愛し先輩

高校三年の春、中学時の友達のTから電話がかかってきて…
「俺、恋したみたい…」
という突然の爆撃。今でも動揺を隠せなかったのを覚えてます。
なぜ動揺したかと言うと、Tは以前、将来のことについて一度電話かけてきて…


パチスロかAV男優の二択で迷っていた男ですから(汗)
将来のことなのにたった二択しかない。それ以上考えられないような男が恋をしたというのですからそりゃ動揺もします。
いつになく真剣に話をしてくるT。俺もTの恋が実るように応援したくなってしまいました。
Tの話によると恋焦がれているのは中学の時の部活の先輩らしいです。
地元のスーパーでレジのバイトをしていて、たまたまTが買い物に行った時に再会。
もちろん先輩もTのことを覚えていたらしく、しばらく話をしたら…恋の矢が刺さったようです。
ドラマみたいな話ですが真実のようです。それから先輩に会いに行くためにTは毎日スーパーに通ったみたいです。


ひとつ間違えればストーカー(汗)
まぁそれだけ先輩に対する愛は本物ということでしょうね。
二人だけで計画を立てていたんですがどうも先に進みません。そこで地元仲間のスーちゃんも含めて三人で計画を立てることに。
三人であーだこーだ言いながら考えた結果、バイト先に行って手紙を渡すということに決定しました。
非常にベタな方法ですが案外こういう方法で告白された方が弱い人もいるみたいなので(自社調査結果)
Tはそれから自分の想いを手紙に書き綴りました。もちろん不備が無いかチェックもしましたよ。今思い出しても…

赤面しちまいそうな内容です!
俺が女性なら間違いなく惚れてしまいますね。文章にですよ!
手紙も完成して勝負服で後は告白するのみ!勇み足でスーパーに向かう三人。
店内に入ると昼間のためお客さんは少なくレジの人も二人ぐらいしかいませんでした。
肝心の先輩の姿も見えません。

俺「○○さんいないな」
T「おかしいな?いつもならこの時間にはレジにいるのに」
スーちゃん「とりあえず待ってみよう」

待つこと1時間…

俺「来ねぇじゃん!」
T「来ないねぇ」
スーちゃん「どうするよ?もう待つのも限界だぜ」
俺「じゃあレジの人に聞いてみるか?」
T「じゃあそうしようか」

何も買わずにレジに行くのは失礼なので無駄に電池を買ってレジの人に聞いてみることに。

俺「あの○○さんて今日バイトじゃないんですか?」
レジの人「あぁ、あの子なら今日は休みですよ」

アレ?

T君。何かおかしくないかな?君が今日はバイトの日だって自信持って言うから信用して来たのにね。まったく…

ふざけんじゃねぇよ!(怒)
レジの人に先輩が次いつバイトかを聞きだしてその日は解散。
一週間後、先輩のバイトが入っている日に再び集結!
いますいます!Tの恋焦がれた先輩が!
今日というこの日を逃してしまったら二度とチャンスは無いかもしれません!
意を決してレジに向かうT。頑張れ!想いの詰まったその手紙を渡せば全てがうまくいく!

アレ?

何素通りして帰って来てんだよ(汗)
Tは極度の緊張のため近寄ることも出来ないみたいでした。情けねぇ!仕方が無いので俺とスーちゃんの二人で代わりに渡してくることに(おかしい)
何でこんな簡単なことが…


出来ねぇ(大汗)
無理でした…。他人事なんですが緊張してしまいます。
俺とスーちゃんの連合軍ですら攻撃に失敗してしまったのでもう諦めるかというところまで話が進んでいたんですが、突然Tがレジに向かって再び歩き出しました!
また素通りかと思ったんですが今度はちゃんと手紙を渡しました!
こちらに帰って来ているTの顔が「漢」の顔になっているように見えました。よくやったな!お前は頑張った!格好いいよ!
勇気を出して好きな人に告白することがどれだけ緊張することか知っていたので結果はどうあれ、この時のTの行動には感心しました。

数日後…

T「やっぱり無理だったよ」
俺「そうか。メールが来たのか?」
T「うん」
俺「で、何て内容だった?」









T「彼氏がいるから無理だって」


それ最初に調べてなくちゃいけないことだろ!


どうやら最初からこの計画は失敗する予定だったみたいです。

実はあの日以降Tの告白結果より、同じスーパーの化粧品売り場で見かけた俺の部活の時の先輩が、ダサダサ眼鏡っ子から…






超美人さんになっていたことの方が気になってました★
人は変わるもんですねぇ。アレ?これ何の話だったっけ。
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://bluesoldier91.blog17.fc2.com/tb.php/78-b6ddbb67

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ユウキ

  • Author:ユウキ
  • 車(スポーツカー&ヒストリックカー)、サッカー、ガンダム、水曜どうでしょう等をこよなく愛する。
    自分の興味のあることには人一倍取り組みその時の集中力はニュータイプ並。
    最近はカメラを持って写真を撮る事がライフワークになりつつある。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索