FC2ブログ

Entries

教習所物語(仮免許編)

免許を持っている人ならご存知だと思いますが、公道に出て運転の練習をするには仮免許という物が必要です。
俺の通っていた教習所では仮免許試験の事を修了検定と呼んでいました。今回はその修了検定に実際に起こった出来事を紹介したいと思います。
修了検定は実技と学科の2つの試験があり、両方の試験を合格しなければ仮免許を取得出来ません。
実技の方は特にミスも無く順調に進んできた俺は学科に力を入れて勉強をしていました。
同じ日に試験を受けるので鎌さんと当日は一緒に教習所へ向かうことに。その時の会話は以下の通りです。

俺「実技は自信あるんだけど学科が不安だな」
鎌さん「自信持てよ!俺はどっちも自信あるぜ!」

かなり強気の発言です。確かに俺が出した学科の問題にも全問正解していたので相当自信有りの様子です。
教習所に着くと教官の説明を聞き順番が回ってくるまで教習生は待機していなければなりません。
この日はあまり試験を受ける人が少なかったので試験を受ける教習生と次に受ける教習生の二人が車に乗って試験を受けることに。
多い時には三人の教習生が一台の車に乗ることもあるみたいです。
俺は試験が一番最後の順番です。可愛い子が運転する車の後部座席に乗りたかったんですが俺の一つ前の教習生は、

鎌さん
運命の悪戯でしょうかね?なぜこんな奴の運転する車に乗らなければ…。
順番の事をとやかく言っても仕方ないので学科の勉強をしながら車に乗るのを待つことに。
鎌さんを乗せた車が待合室の前に停車し、運転していた人が降り、助手席に乗っていた教官のチェックを受けています。
次の運転は鎌さんの番です。俺も乗りますが友達が乗るので緊張はあまりしていないだろうと思い鎌さんの顔を見てみると…

血の気が引いています

真っ白になってます!緊張の度合いが頂点に達したようです。少し後部座席に乗るのが不安になった時に教官から呼ばれました。

教官「ユウキ君。はい、じゃあ後部座席に乗ってください」

渋々後部座席に乗り込む俺。そんな俺に目もくれずに緊張の面持ちで運転席に座る鎌さん。

教官「はい、じゃあ今から試験を開始します」
鎌さん「ヨ、ヨロスクオネガイシマス」(物凄い裏声で)


明らかに日本人が使わない発音での挨拶!

嫌な予感がする!
しかし予想に反して出だしは順調でした。目立つミスも無く試験は進められています。
このまま行けば合格だなと思っていました…、ここから事件は起こりました。

コースの一番長い直線の道ではギアを3速にまで入れなければなりません。
ミッション車はある程度エンジンの回転数を上げなければギアを変えた時にエンスト、もしくはカブってしまいます。
鎌さんもエンストをしない様にアクセルを踏み込みエンジンの回転数を上げます。そして2速から3速にシフトアップ!

ウィィン!ギュインギュイン!ガコンガコン!


お前!それ5速に入ってるよ(大汗)

5速ですよ!1、2の次は3なのに思いっきりとばしてます!それに5速はだいたい時速100キロ辺りから使うギアです。
どうやら手が滑って5速に入ってしまったみたいです。

ウィィン!ギュインギュイン!ガコンガコン!ドゴゴゴゴゴゴゴ!ガガガガガガ!

今まで車に乗っていて聞いたことのない音がエンジンから聞こえてきます。震度5強の揺れです!
教官も慌てて鎌さんに注意をします。正直言って俺は…


車が大破するかと思いました(汗)
それからの鎌さんの運転は酷いモノでした。ギアを気にするあまり前方不注意を繰り返す始末。
無事に帰還出来たのが奇跡です。疲労困憊のでしたが後部座席に鎌さんを乗せ、無事に試験を終えました。
明らかに試験の緊張からではなく先の出来事で死を覚悟したせいでヘトヘトになっている俺と鎌さんに教官からの結果が伝えられました。

教官「えー、それでは今日の実技試験の結果を報告します。まずユウキ君。もう少しリラックスして運転してもいいよ。それ以外には特にミスはありませんでした。合格です」


リラックス出来る状況かよ(涙)
教官「次に鎌さん君…もう結果は言わなくてもいいよね。もっと落ち着いて運転してください」
鎌さんは落ちました。まぁ仕方ないか。だって同じミスを…








2回もするんだから!
君、車の運転向いてないよ(大汗)
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://bluesoldier91.blog17.fc2.com/tb.php/81-25fb46f1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ユウキ

  • Author:ユウキ
  • 車(スポーツカー&ヒストリックカー)、サッカー、ガンダム、水曜どうでしょう等をこよなく愛する。
    自分の興味のあることには人一倍取り組みその時の集中力はニュータイプ並。
    最近はカメラを持って写真を撮る事がライフワークになりつつある。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索