Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AE86 ~復活プロジェクト04~ 新エンジン搭載完了

昨日に引き続きリアルタイムで写メを送っていただきました。
AE86 復活プロジェクト 新エンジン搭載完了01 AE86 復活プロジェクト 新エンジン搭載完了03
5バルブは既にエンジンルームに収まっていて始動までもう少しと言った感じです。
AE86 復活プロジェクト 新エンジン搭載完了02 AE86 復活プロジェクト 新エンジン搭載完了05
オイルクーラーも斜めに付いていたのを試行錯誤してわざわざ真っ直ぐに色々と悩んで付け直してくださいました。
その他にもボルト類は新品を使用し小物の配置、駄目になっていたパワステの配管やクラッチ(AE111純正クラッチに)の交換も行っています。
AE86 復活プロジェクト 新エンジン搭載完了04
ちなみにタワーバーはクスコなのでブルーだったんですが、エンジンルームを見た目渋くしたかったのでガンメタに塗装してもらいました。

白いエンジンルームにブラックのエンジン…渋いですね。
まさに大人仕様のハチロクです(笑)

AE86 復活プロジェクト 新エンジン搭載完了07
金曜の夜に取りに行く予定です(えいに乗せていってもらう)が非常に楽しみ!

AE86 ~復活プロジェクト03~ エンジンルーム塗装完了

コウさんからハチロクの現状が写メと一緒に送られてきたのでアップします。
とりあえずエンジンルームのシールと塗装は完了したようですが…
AE86 復活プロジェクト エンジンルーム塗装完了01 AE86 復活プロジェクト エンジンルーム塗装完了02 AE86 復活プロジェクト エンジンルーム塗装完了04

物凄く綺麗!

この純白なエンジンルームはまさに新車レベル…いやいや、それ以上かも♪
ブレーキマスターも塗装してもらったので見栄えも素晴らしい!
AE86 復活プロジェクト エンジンルーム塗装完了03 AE86 復活プロジェクト エンジンルーム塗装完了05
配線もやり直してくれているようなのでスッキリと綺麗なエンジンルームになると思います★
このエンジンルームに新しい5バルブが載るのを想像するだけでテンション上がりますね。

AE86 ~復活プロジェクト02~ エンジンルーム洗浄

ハチロクのエンジンスワップをお願いしているコウさんから現在の状況について写メを送っていただいたので公開します。

AE86 復活プロジェクト エンジンルーム洗浄01 AE86 復活プロジェクト エンジンルーム洗浄02

ついでにということでエンジンルームの洗浄をお願いしたのですが…。これはMyハチロクじゃありません。

この状態で十分綺麗ですが(笑)

まぁ塗装が剥げてしまっている所やシールが割れてしまっている部分もあるのでそこは再塗装&シール打ち直しをお願いしました。
AE86 復活プロジェクト エンジンルーム洗浄03
一番塗装の剥げが酷かったのはクラッチマスターの下側です。
以前からフルードが漏れていたのをそのまま放置していたので塗装を痛めていたようです。しかしこれも完璧に修復しますよ♪
もうエンジンルームのレストアですね(汗)

5バルブがブローしたのは痛いですが駄目になっている部分の早期発見&対処も出来るのでまぁ良かったかなと思ってます。
というかコウさんが仕上げてくれるので安心して車を預けられるというもの。
やはり信頼している&腕がいい職人さんにお願いするのと訳の分からん店に出して高額の工賃取られるのは、同じブロー後でも気持ちが全然違いますからね♪

AE86 ~復活プロジェクト01~ 新エンジンの詳細

エンジンブローしたMyハチロクに新たに搭載されるエンジンを紹介したいと思います。
ブローしたのはAE111に搭載されていた5バルブの4A-GE。
わざわざAE86に搭載されていた4バルブの4A-GEUを搭載することはまずしません。
165馬力のパワフルなエンジンからノーマルの110馬力程度しかない(全てカタログ値)に戻すこと自体ありえません。

5バルブスワップキットは使用出来、KITTさんからも自身が載せる予定だったエンジンを「気にせずお前が載せればいい」と漢の台詞を頂戴したので再び5バルブでMyハチロクが復活することになりました。

エンジンはブローした物と比べ走行距離こそ殆ど同じの6万キロ前後ですが後期型、内部洗浄、ポート加工などが施され信頼性の高いエンジンです。

ちなみにエンジンスワップをしていただくコウさんにエンジンルームも軽く洗浄してもらうという我が侭までお願いしてしまいました。

が!

また後程アップしますが洗浄どころでは済まずにレストアになってしまいました(汗)

またガレージアネックスのキットはそのまま使用するのですがデスビの「真出しキット」を無くしてしまっていたので急遽電話して本日送って頂く事に。
アネックスさんには本当にお世話になりました。

皆さんの助けでMyハチロクが徐々に復活に向けて動き出しました!
再び走り出す日まで…そう遠くはないと思います。

さようならハチロク

2007年5月27日0時45分…Myハチロクが痛恨のエンジンブローしました。

前日から妙な「カタカタ…」という音が室内に響いていたので色々とチェックしたところエンジンから異音が出ていることが判明。
室内側の4番付近から音がしているのでエンジンのチェックをしてもらうため手負いのハチロクを運転してコウさん宅まで向かう途中の出来事でした…。

回転数を抑え何とか自走していましたが、県境の峠に入った辺りからカタカタという音が徐々に大きくなり左コーナーを抜けた次の瞬間に

ガシャン!ガラガラガラガラガラ!

という凄まじい音を上げてタコメーターの回転がゼロ、パワステ&ブレーキが効かなくなりそのままエンジンが停止。

何が起こったのかその時は全く理解出来ずにただ惰性で動くハチロクを待避所まで移動させて呆然としていました。
しばらくして「これはマズイことになった」と理解しコウさんに連絡するも電話が繋がらずKITTさんに連絡。
事情を話すと次も朝早くから仕事にも関わらず牽引してくれることに。
しかしKITTさんはこの時同じくコウさん宅で5バルブエンジンに載せ変える途中だったのでハチロクはない。何で牽引してくれるのだろう?と考えつつもMyハチロクのボンネットを開けて調べる。

自分の中で「こんなところでハチロクが死ぬはずない」と言い聞かせエンジンを再始動させる。バラバラガラガラという音を出しているがエンジンはかかる。
しかし自走は不可能な状態であることに間違いはない。

KITTさんが来てくれるまでハチロクの中で色々と物思いに耽っていました。

このままハチロクを降りるか…もうトラブルは嫌だなぁなど。

正直この時は絶望感に支配されハチロクを降りることしか考えていませんでした。

1時間ほどして聞いたことのあるエキゾーストノートが聞こえ外に出てみるとSRサウンド。

エンジンブローしたコーナーからライトの光が見えた時の安堵感は未だに覚えています。
KITTさんRINOさんそしてRINOさんの愛車の180がMyハチロクを牽引しにやって来てくれました。
まさに救世主と言っても過言ではない状況でしたね。

無事に峠を越えてコウさん宅に到着しエンジンを調べると完全にメタルブロー。後に判明しましたがブローしたエンジンのオイルパンを見てみたら鉄粉だらけで完全にメタルが粉々になっていたようです。

今後の対策を話し結局KITTさんが載せる予定だった5バルブ4A-GをMyハチロクに搭載することに。
本当にありがとうございました。スワップキットは問題なく使えるので新エンジンで復活するのもそれほど時間がかからないと思います。

普通に走ってくれさえすればいいので早くまたハチロクと共に走れればいいなと思いこの日はコウさん宅を後にしました。

Appendix

プロフィール

ユウキ

  • Author:ユウキ
  • 車(スポーツカー&ヒストリックカー)、サッカー、ガンダム、水曜どうでしょう等をこよなく愛する。
    自分の興味のあることには人一倍取り組みその時の集中力はニュータイプ並。
    最近はカメラを持って写真を撮る事がライフワークになりつつある。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。